食べる青汁、美感青汁

モリンガには食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消にも効果的と言われています。

 

食物繊維を取ることで便秘解消を目指したい方にオススメのアイテムがあります。
それが

 

美感青汁」です。

 

青汁とモリンガにはともに優れた栄養素が多く含まれているという共通点がありますが、どちらも生で素材のまま食べるのは無理があります。
とくに青汁はケールや大麦若葉、クマザサといった生で食べると苦くてしょうがないものが多く含まれており、一時はバツゲームの代名詞となっていました。

 

昨今では飲みやすい青汁が多数販売されるようになりましたが、そのなかでも美感青汁は群を抜いて飲みやすい、食べやすい青汁として大人気になっています。

 

その特徴はゼリー状の青汁であることと、マンゴー風味とザクロ風味の2種類の味があり、青汁の味が全くしない事です。

 

個包装のゼリータイプなので、鞄に1包忍ばせておいて、出先の食後にスイーツとして食べる、といった利用法をされる方も多いようです。
青汁の味や臭いが全くしないため、飲んだ後の口臭に気を使わなくていいというのも大きいですね。

 

美感青汁の主成分は熊笹(クマザサ)です。

 

ケールや大麦若葉と比べると聞きなれない植物ですが、非常に栄養価が高く、近年注目されています。

 

熊が冬眠する前にお腹いっぱいに食べる笹の葉で、ちまきなどを巻くのに使われることが多い葉っぱです。
クマザサ多糖体、葉緑素、アミノ酸の3つに優れ、クマザサの3大栄養素とも言われています。

 

また、食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消にはとても効果があると言われています。

 

粉の青汁と違い、溶かす手間や、容器を洗う手間もなく、いつでもどこでも飲めるのも嬉しいですね。

 

便秘にお悩みの方は一度美感青汁をお試しになってみてください。